2022年10月31日

ハロウイン

Filed under: 未分類 — 土倉製材所 @ 2:48 PM

10月31日 月曜日 くもり

ハロウインだそうです。

先祖霊が家を訪ねたり精霊や魔女が出て悪戯をする夜だといいます。

まったく馴染みのなかった祭りが近頃大流行りしてるようですね。

仮装で街中に繰り出し大騒ぎするのがいいんだとか。

その前々夜祭の韓国で事故があったようです。人波が崩れ多くの方が圧死したと伝えられています。

何が良くて人混みを目指すのか? 年寄りには理解できない出来事。

毎朝満員電車に乗ってるでしょうに道路の上でも満員がいいんでしょうか。

人混み!混雑!ヤダヤダ 聞いただけで足が反対向きになる。

その点 田舎はいいですよ、家の前を走る国道でさえ歩く人は一時間に一人くらいなもの・・・これじゃ寂しすぎるかな。


2022年10月30日

お掃除

Filed under: 未分類 — 土倉製材所 @ 6:05 AM

10月30日 日曜日 はれ

冬間近を感じるこの頃です。

日曜日を利用し 家の周りの片付けを始めました。

雪に覆われると地面にある物が見えなくなり 除雪機の障害になるんですよ。

散らかすに苦労はありませんが 片付けとなると体力と気力が必要。

雪に備え板材を積み直していましたら 中に居ましたよ!

あれは不思議な動物、板と板の隙間に入ってるので 体が□になってるんです。

木は暖かいから隙間に入って眠ってたんでしょう。

起こされ不機嫌そうにズルズルと一段下の隙間に入っていきましたが そこだってこれから積み直すんだよ。

板を剥ぐって捕まえ 土手の下に投げておきました。

気温が下がってるので動きは悪い ズルズルと草の中に消えていきましたが本当の冬眠に入るにはまだ早い。

カエルやネズミを腹いっぱい食べて穴に入るのが11月、まだヘビが見えるうちは雪は来ません。

2022年10月29日

111歳

Filed under: 未分類 — 土倉製材所 @ 4:51 PM

10月29日 土曜日 はれ

戦争を知らない子供たちも77歳の喜寿。

今日の信濃毎日新聞おくやみ欄に111歳の方が出ていました。今年は昭和97年、111歳といえば明治44年生まれ。凄いですね!の一言に尽きます。

さて、今日訪ねてくれたのが69歳のおじさん。初対面でした。でも何か知った顔。

お話を伺うとその訳がわかりました。訪ねてきてくれた方のお父さんの山荘を30年前に造ったんです。

ということは親子でした、よく似てらっしゃる。

来社の訳はお父さんが管理していた山荘に不具合が出来たのでの修理依頼。

お父さんは確か昭和2年か3年生まれだったはず、戦争中は通信兵でトンツーは今でもできるよって言ってましたね。

足腰が弱り山荘管理を息子さん夫婦に任せたそうです。

戦争を知らない子供たちが喜寿、戦争に行った方々の年齢は90を超え 記憶に風化が起こり始めた気のするこの頃です。

通信兵さんにはもっともっと頑張って111を目指してください。

2022年10月28日

接種翌日

Filed under: 未分類 — 土倉製材所 @ 12:41 PM

10月28日 金曜日 はれ

コロナ接種 副反応無し。

注射痕が痛いだけ、それも触ればのはなし。

相変わらず打っても打たなくても変化しない私の体。こんなんでいいんでしょうか?

集団接種の会場も4回目ともなれば手慣れたもので 最初の重々しさは無くなりお医者様もリラックスムード。

大声で笑ったりおしゃべりする風景はありませんが空気が和んでますね。

風呂も晩酌も止められてませんから ほんとに普段通りに一晩過ごせました。

今日は金曜日 日中様子を見ながら静かに暮らし 定時を過ぎれば 夜の街に繰り出しましょうか。

2022年10月27日

4回目

Filed under: 未分類 — 土倉製材所 @ 5:19 PM

10月27日 木曜日 はれ~くもり

コロナ予防接種4回目が10月いっぱいで終わると聞き行ってきました。

人の話によると 副反応が出たほうが免疫がつくって言ってましたが 本当でしょうか?

わたしの場合 副反応はほとんど無し、熱も痛みもなく普段通りの生活ができちゃう。

これって体が丈夫だからなんじゃないの なんて勝手に決めつけてたんですが そうじゃなかったみたい。

副反応が出ないのは体が老朽で反応しようがない、反応の出る方は若く体内で抗体がいっぱいできる過程で反応するんだとか。

なるほど!そんなもんか! 罹っても知らないうちに通り過ぎているかもしれない。

それならそれでいいか! ただ病原菌を振りまいてたらゴメンナサイです。

明日の朝 老若の判定がでます。

2022年10月26日

干し柿

Filed under: 未分類 — 土倉製材所 @ 5:57 PM

10月26日 水曜日 はれ

今朝マイナス2℃まで気温が下がりました。

放射冷却の所為でしょう、青空が見えてます。

朝6時12分 志賀高原横手山から昇る太陽を見ることができました。ご来光です。

わが家から見る横手山は105°の位置にあり日の出も大分南に寄ってきました。

さて、今年は柿の大豊作らしい、たわわに付いた柿の実で枝も折れそう。そんな渋柿を328個、知人が持ってきてくれました。

干し柿用で吊るしやすいようT字の枝付きです。

皮むきは女房殿にまかせ 日に一遍 揉んでやるのと出来上がりを食べるのが私の役目。

秘伝の製法で10日後には食べられるでしょう・・・焼酎を付けるなんてことしませんよ!

2022年10月25日

あなた変わりはないですか 日ごと寒さがつのります。

Filed under: 未分類 — 土倉製材所 @ 5:51 PM

10月25日 火曜日 くもり~はれ

朝の寒さはなかなかのもんでした。

車の窓ガラスは夜露が凍ってガリガリ。暖気運転しないと乗り出せない。

昼近く国道を信濃町方面に走ったら妙高は6合目、黒姫 飯綱は頂上付近が白くなってました。

雪なのか霧氷なのかわかりませんが いよいよ冬近しです。

写真をと思ったんですが こんな時に限ってスマホ忘れ。

ほんと、このごろ忘れっぽくて困ります。

先日もスマホのラインに見知らぬ方からメール。

kotoeとなってます。

「愛知県碧南市の31歳です。どちらにお住まいですか?」

「長野県です。」

「いいところですね、差し支えなければ年齢教えてください。」

それから数行やりとりがあって、思い出した・・「忘れてた、俺にも 妻がいたことを」

2022年10月24日

かんしゅって入れると看守がでる。

Filed under: 未分類 — 土倉製材所 @ 7:29 AM

10月24日 月曜日 くもり

寒くなり晩酌が楽しみの季節になりました。

薪ストーブも毎日のことになるつつあり 燗酒に面倒はありません。

とは言いましても もともと酒と相性の悪い体質、好きでも量はいらない。ほんのちょっとでいいんです。

清酒も様変わりで 冷で美味しく飲めるのが主流。これをフルーテイなんて言ってますが 燗酒好きには何ともはやのお酒。

これを温めると甘過ぎて飲めたもんじゃない。

昔ながらの酒が一番。

銘柄は問いません、燗をして丁度いい甘さになるのがいいんです。

さあ、今晩もいただきましょう。

2022年10月23日

学園祭

Filed under: 未分類 — 土倉製材所 @ 7:14 AM

10月23日 日曜日 くもり

16歳~20歳の若人たちがいっぱいの学園祭にお邪魔してきました。

並んで立てば若鮎とイワナの干物、できるだけ近づかないよう心掛けての見学。

同じ体温でしょうに どうしてあの熱気が立ち昇るのか、同じ数だけ年寄りが集まっても ああはならない。

学園祭自体は今年で73回、昭和24年からといいますから私より一つ下、充分年寄り。

入れ物は古希過ぎでも中身が若いからいいんですね。

わたしにだって有ったんです、あの若さ。

その証拠に昭和青春歌謡を聞くと 若い頃に戻れるんです、鏡さえ見なければ。

♬ 残り少ない日数を胸に 夢がはばたく遠い空 ♬

2022年10月22日

落下傘の出来た日

Filed under: 未分類 — 土倉製材所 @ 6:44 PM

10月22日 土曜日

♬ 藍より蒼く 大空に 大空に たちまち開く 百千の真白き薔薇の花模様 ♬

昔の方なら思い出してくれるでしょうか?

二次世界大戦時の軍歌「空の神兵」です。

この曲の発表が1942年 さかのぼること225年前の今日が世界初の落下傘の出来た日。

場所はフランス、2400mの気球から直径7mの布製の傘で飛び降りたってんですから命知らずというか・・・。

富士の朝霧高原に行けばパラグライダーが豆粒くらいに見えるほど高いところを浮いてます。

怖くないんですかね。

どうせなら あのまま富士山頂まで飛んでけば・・・ 汗水たらして登る登山者を尻目に頂上にフアッと降り立つ。

恰好いいじゃありませんか!

誰かやってみませんか?

次ページへ »

HTML convert time: 0.196 sec. Powered by WordPress ME