2020年7月2日

メダカ

Filed under: 未分類 — 土倉製材所 @ 6:35 PM

7月2日 木曜日 くもり  18℃~24℃

金魚売りや風鈴売りは昔から夏の風物だったんですが見かけなくなりましたね。

代わりに金魚も風鈴もホームセンターで売るようになって 風情がなくなりました。

リヤカーで麦わら帽子のおっちゃんが売り歩いたのは今や遠い昔話。

今、あのスタイルで売り歩いたら結構買う方が居るんじゃないかな、私だったら買う! 断然買う!絶対買う!

金魚は涼やかでいいですよね。 

同じ水生生物でも群れなして泳ぐのはメダカ。

近所のおじさんが飼っていたメダカをもらいました。

今年の産卵が上手くいって子メダカが沢山育っているそうで 親メダカを分けてくれたんです。

この中にもお腹が膨らんで卵を持っているメダカがいます。

水槽の中で孵化するかもしれません、毎朝が楽しみです。

2020年7月1日

ムラサキシキブ

Filed under: 未分類 — 土倉製材所 @ 7:17 PM

7月1日 水曜日 くもり  19℃~27℃

ようやく7月です・・・長かったですね ここまで来るのに半年もかかってしまいました。

子供の頃、7月が大好きでした。

どうしてって この月は夏休みの始まる月、プールや川で魚とりなど遊び放題なんですから。

長じるに従い暑いのが嫌いでできれば7月は飛び越し冷たい冬がきてくれればなんて勝手なことを願うんです。

さて、下の写真は何の花かわかりますか?

ムラサキシキブなんです。

秋、紫色の小粒の宝石のような実を付ける木。

7月ともなれば すでにその兆候が表れています。

2020年6月30日

ツバメ

Filed under: 未分類 — 土倉製材所 @ 6:10 PM

6月30日 火曜日  くもり  16℃~22℃

6月最後の日です。 6月最後ということは一年の半分過ぎたということ。

早いもんですね、このあいだ「おめでとう」って挨拶したばかりのような気がしてたのに。

気温もこのところ20℃以上をキープするようになり動物たちも産卵や子育て真っ盛り。

今年新しい場所に巣作りしたツバメは卵を温めてます。

去年、天敵ヘビにヒナをまるごと食べられ親ツバメは姿を消しましたが そのツバメが帰ってきたんでしょうか場所を変え営巣してます。

今年は無事巣立ちさせてあげたいのですが ヘビだって食べなくちゃ生きて行けないんですから難しい。

いいこともあってヘビが家の周りをうろつくようになるとネズミが姿を消すんです。

今年家の周りで出会ったヘビは2匹。 

ヘビの天敵は人間と鳥、今何処に潜んでいるかわかりませんが出てくるなよ!

2020年6月29日

スマホ

Filed under: 未分類 — 土倉製材所 @ 1:25 PM

6月29日 月曜日 はれ  19℃~25℃

わたしもついにスマホデビュー。

携帯電話が壊れたと土曜のブログに書きました。

今じゃ固定電話と携帯電話の利用比率は2対8ぐらい、携帯が使えなければ何かと不便。

AUに修理方法を聞きながら電池を外したりチップを外したりしましたがダメ。

最後はショック療法で机の角にぶつけましたが全然ダメ。

どうやら年貢の納め時かも。

買い替えようとAUショップに電話したらすごく立て込んでまして予約を、今予約いただきましたら明日の4時過ぎだったら空いてますだって。

とても待ってられないのでヤマダ電機に飛び込んだら即契約、即使える便利さ。

しかも本機1円、月々2980円 ただし10分間の使いホーダイ。

いよいよ手習いならぬ指習い、72歳のスマホ界にデビューです。

2020年6月28日

茶の湯

Filed under: 未分類 — 土倉製材所 @ 9:39 AM

6月28日 日曜日 朝から雨  ~22.5℃

日曜日の雨は心安らぐ雨。

これがいい天気で青空が広がっていれば あれもやりたい! これもやりたい!と気ばかり急いてね。

せっかくの休日が忙日になってしまいます。

下の写真、丼の中身は海藻ラーメンの食べ残しじゃございません。

抹茶を茶筅で髭剃りシャボンの泡立と同じ要領でかき回した濃茶。

横の角皿に載ってるのは落雁。

という事で今回は雨、ゆっくり寛いでお茶なぞ嗜んでみました。

2020年6月27日

携帯が壊れました。

Filed under: 未分類 — 土倉製材所 @ 7:01 PM

6月27日 土曜日 高くもり 19℃~26℃

携帯電話で仕事の関係先に電話をしましたが呼び出し音が全く鳴りません。

さてね? 

時と場所によって呼び出すまで随分と時間のかかる場合もあって それでもと思って待ってみましたが無音のまま。

もう一度掛け直しましたが同じ。

家の固定電話に掛けたら固定電話のベルは鳴っていますが携帯の呼び出し音は無音。

逆に固定電話から携帯に電話したら携帯のベルは鳴ります。

試しに通話ボタンを押しても無音でしたが こちらの音は固定電話に届いていました。

結論。 私の携帯電話の受話機能が壊れたようです。

こちらの声は相手方に届いているようですが 相手方の声が全く聞こえない一方通行。

替えてから10年、あの時は新しかったのに今ではガラケーなんて呼ばれて希少種の記念物呼ばわり。

電話機能だけあれば十分な私の携帯も 今流行の指滑り電話に変えなくてはならないらしいです。

2020年6月26日

根曲がり

Filed under: 未分類 — 土倉製材所 @ 8:27 AM

6月26日 金曜日 くもり時々あめ  20℃~23℃

このところ外出の機会が減ってブログに載せる話題がありません・・・というか、このところじゃ無くずっと前からなんですが。

で、窓から眺めた自然の移り変わりをUPするのが関の山。

ところがここでジっとしてると他所からいろんな話や物を持ち込んでくれるのでとってもありがたい。

今日も根曲がりのタケノコを持ってきてくれた方が居て。

採ったのは志賀高原横手山付近だと言ってました、あそこまで上がればまだタケノコが採れるんですね。

今年はコロナの影響で方々の山が止め山で入山できません。
罰金は10万円と書いてあったそうです。

そこを押してタケノコを採りに行ったんですからこれは立派な犯罪者。

犯罪を知ってて分け前をいただく私は共犯になるのかな。罰金の半分でも5万円、高いタケノコになりますね。

2020年6月25日

栗の花

Filed under: 未分類 — 土倉製材所 @ 3:27 PM

6月25日 木曜日 くもり

山にある木を遠目で判別する方法に樹形や葉っぱ 花による判別法があります。

針葉樹は樹形でおおまかな判別はできそう。

広葉樹もミズキは枝ぶりで、モミジは葉っぱの形で判断できますよね。

花での判別できるのは?

桜が一番、まだ葉のでない枯れ山のあちこちにピンクや白の花が見え 桜の木がこんなにあったのかと感心するほどです。

栃も独特の花を付けますから遠くから見分けられます。

そして今、栗の花の真っ盛り。

栗は房状の白い花を葉っぱが見えなくなるほど付けますから 遠目にもはっきり栗の木だと判別できます。

太古の昔から栗の実は食料、三内丸山人は栗の木を植林、栗林を経営していたといいます。

今ならドローンを飛ばし上空から栗の木を特定できますよ。

地図に書き込んで困窮の年の非常食にしましょう。

2020年6月24日

有朋自遠方来

Filed under: 未分類 — 土倉製材所 @ 9:00 PM

6月24日 水曜日 はれ  15℃~30℃

コロナ騒動も一区切りつき 人出も戻ってきました。

わたしの家も遠方からのお客様が少しずつ増えています。

今日も神戸市から山荘にやってきたご夫婦、いままで来たかったけど人の目が気になって遠慮してたんですと言ってました。

どうして遠方からの来訪が判るかというと車のナンバーが決めて。

普通に歩いている人の住所がわかれば易者になれる。

高速道を走ってる分には どこの県のナンバーでも気にならないんですが 一旦インターを降り国道を走りだした途端県外ナンバーが目に付く。

ましてやスーパーの駐車場に他県車が止まっていれば すぐそばに駐車しない用心深さ。

やっと そんな気遣いも必要なくなりました。

おおいに長野県の梅雨を楽しみにおいでくださいませ。

カタツムリとともにお出迎えしますよ。 

2020年6月23日

つるくさ

Filed under: 未分類 — 土倉製材所 @ 7:33 AM

6月23日 火曜日 はれ 15.5℃~27℃

つる草が伸びる季節です。

クズは次第に地面を覆いはじめ フジはひげを伸ばして絡みつく場所探しに懸命。

つる細工に使えるものを山奥まで探しに行く方もいて 今日も山ぶどうのつるを探していました。

山ぶどうって使えるんですか?って聞いたらあけびつるより余程高級 良いものなら3万円で買いますだって。

知らなかったな! 山ぶどうは確かあそこにあったよな、さっそく行って3万円いただこう!

若いころなら即行動してましたが 今じゃ山に登る気力も体力も失せ ましてや木に登って絡みつく蔓を剥すなんて出来っこない。

3万円はあきらめ私はクズの新芽を摘んで天ぷらにするくらいが丁度いい。

つるもツタウルシなんて厄介なのがあって肌の弱い方は大かぶれしますから要注意。

あけびや山ぶどうを探しに天気のいい日は山遊びにおいでください。

次ページへ »

HTML convert time: 0.157 sec. Powered by WordPress ME