2009年3月23日

森林税をかんがえる。

Filed under: 未分類 — 土倉製材所 @ 5:54 AM

長野県では森林税があり納税者一人あたり500円/年を徴収されている。その甲斐あってか、いままで放置されていた民地の山林にも間伐の手が入り、このあたりでも風通しのよい林が随分ふえた。間伐した木材は富山県の合板メーカーに買い取られ針葉樹合板になったが、このところの経済状況の悪化でロシア産の木材が安く入手でき国産材が敬遠されつつある。又、山に放置される間伐材が増える気がする。良い利用法を考えていかないと森林税が無駄になる。

p1040860.jpg

志賀高原横手山付近 曇り 気温3.5度

HTML convert time: 0.090 sec. Powered by WordPress ME