2019年3月15日

Filed under: 未分類 — 土倉製材所 @ 6:56 AM

3月15日 金曜日  はれ  -7℃ ~  9.5℃

そろそろ携帯電話をスマホに変えようかと考えてます。

いま持っている二つ折れの電話は今後使えなくなるともっぱらのうわさ。

それと知人の2/3はスマホ使用者。

話ができればいい!とがんばってきましたが電話の電池もそろそろ限界。

新しい電話にするなら今時のスマホにした方が無難かな?ということでスマホの使用料を調べているのですが複雑すぎて訳がわかりません。

かけ放題で月の支払いが最低なものにしたいんですが何がいいのか?

どなたか教えてください。

2019年3月14日

Filed under: 未分類 — 土倉製材所 @ 6:49 AM

3月14日 木曜日 朝雪、午後晴れる  -3℃ ~ 5.5℃

外を見たら新雪が30cmも積もってました。

春だ春だと喜ばせて時々こんな調子、困ったもんです。

今日は小学校の卒業式、寒い雪の中で卒業です。

きっといつまでも記憶に残ることでしょう。

「雪降って 確かに今日は ホワイトデー」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2019年3月13日

Filed under: 未分類 — 土倉製材所 @ 6:50 AM

3月13日 水曜日  くもり 夕方雪  -2℃ ~ 10℃

わたしの子供の頃まで川の水を飲料用に使っていた家がありました。

昭和30年代に簡易水道や公営水道の敷設が一般的になって川の水を飲むことは少なくなってきました。

ところがいまでも公営水道の無いところでは井戸を掘って飲料水にしています。

長野市の某所は公営水道の給水区域外、そこで井戸を掘って生活用水にしようと計画しています。

井戸水も良い水脈にあたれば「〇〇の名水」と呼ばれるような水が出るので楽しみ。

そうなれば材木屋なんてやってられません!水を売って水商売に商売替え。

どうです皆さん、一口乗りませんか?

2019年3月12日

Filed under: 未分類 — 土倉製材所 @ 6:39 AM

3月12日 火曜日  はれ  -2℃ ~  9.5℃

3.11に続いて3.12地震が栄村で起きました。

M=6.8 最大震度6強の長野県北部地震です。

前日の東日本大地震のゆっくりとした揺れと違って大きな音と短い大きな揺れがありました。

「災害は忘れない内にやって来る」が現実となった地震でした。

近頃の家は電気に頼り過ぎのところがあって 石油ストーブ一つとってもファンヒーターでは停電時使えません。

マッチで着火するタイプの採暖方法が一家に一つは絶対必要だと思い知らされたのものでした。

8年経って栄村は地震の爪痕はほとんどなくなり生活に不便は感じませんが3.12を忘れないよう復興祭が行われるそうです。

2019年3月11日

Filed under: 未分類 — 土倉製材所 @ 11:28 AM

3月11日 月曜日 あめ~くもり 1.5℃ ~ 7℃

日に日に春めいてきましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?

早いもので東日本を襲った大地震から8年経ちました。

あの日あの時私はここに居てゆっくりとした横揺れが長く続いたのを覚えています。

これが戦後最大の犠牲者を出した大地震になるとは。

まだ行方知れずの方も2千人以上いて被災された方々にとって震災後とよべる状況にないでしょう。

会議の途中でしたが 2時46分 1分間の黙とうをささげて冥福を祈りました。

何時 どこで起きるかわからないのが自然災害。

起きるのを止めることのできないのも自然災害。

そうなった時お互い助け合う気持ちだけは忘れないようにしたいですね。

 

 

2019年3月10日

Filed under: 未分類 — 土倉製材所 @ 7:27 AM

3月10日 日曜日 くもり  -3℃ ~ 13℃

日曜日なのではありますが外で2人が仕事をしています。

月曜日から天気が崩れる予報があって晴れているうちにやってしまおうと出て来てくれたわけ。

この頃の天気予報ってけっこう当たるようになって 一日前だと9割くらいの確率なんだそうですよ。

天気のいい時は気分も能率も良、頑張りましょう。

さて、3月10日と言えば東京大空襲のあった日。

もう一つ 落語ファンなら大抵知ってる古今亭志ん朝の誕生日。

お父さんの志ん生や兄さんの馬生にはない口調が良かったですね、特に「大工調べ」の啖呵の気持ちいいこと!

酒好きがたたって 2001年に肝臓がんで死没、もうあんな落語家は出ないでしょう。

2019年3月9日

Filed under: 未分類 — 土倉製材所 @ 7:53 AM

3月9日  土曜日 はれ  -8℃ ~ 11℃

高低差が20度近い今日の天気です。

青空が広がった下に昨日の雪が白く残って 一寸見には11月の初雪のころと見間違うような景色。

景色は似ていてもすぐそこに春がきているのが大きな違い。

長野市まで行けば雪なんか見たくても無い・・見たくもないか?

とにかくすぐそこまで春はきています。

長野市よりもっと南に足を延ばせば春真っ盛りなところもあって。

今日そちらに行って下の写真の花をもらってきました。

春の匂いいっぱいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2019年3月8日

Filed under: 未分類 — 土倉製材所 @ 7:10 AM

3月8日  金曜日  雪降り  -2℃ ~ 4℃

朝7時前 NHKラジオから「冬の星座」が流れてきました。

歌声は倍賞千恵子さんじゃないかな。

透明感のある声が居間いっぱいに広がって思わず聞きほれちゃいました。

昨日は早春賦、で今朝は冬の星座と唄のブログが続いております。

外の景色は冬に戻って雪降り、20cmの新雪が積もっております。

♫ 木枯らしとだえて  さゆる空より
地上に降りしく 奇(くす)しき光よ
ものみないこえる しじまの中に
きらめき揺れつつ  星座はめぐる ♫

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2019年3月7日

Filed under: 未分類 — 土倉製材所 @ 7:01 AM

3月7日  木曜日  雨 のちくもりのち雪  2℃ ~ 7℃

♫  春は名のみの 風の寒さや

谷のうぐいす 歌は思えど
時にあらずと 声もたてず
時にあらずと 声もたてず

氷融け去り 葦(あし)はつのぐむ
さては時ぞと 思うあやにく
今日も昨日も 雪の空
今日も昨日も 雪の空

春と聞かねば 知らでありしを
聞けばせかるる 胸の思いを
いかにせよと この頃か
いかにせよと この頃    ♫

ご存知「早春賦」

今日一日 歌にあるような天気が続いています。

春は名のみは立春を過ぎたが・・と解釈されているようですが2月4日は未だ真冬。

ひと月遅れの今頃がぴったり。

大町市近郊の風景を唄ったと言われておりますから外の景色もこことそんなに相違はないでしょう。

谷のウグイスは藪の中で縮こまってます。

名のみじゃ無い本当の春が早くこい。

2019年3月6日

Filed under: 未分類 — 土倉製材所 @ 6:58 AM

3月6日  火曜日 はれ -2℃ ~ 12℃

啓蟄です。

気温も今年初めて2桁まであがりました。

穴から這い出す虫も羽を伸ばすことでしょう。

「耳にセミ 目に蚊の飛んでる 老いの春」

ということで啓蟄に関係なく体の虫は勝手に動き回って元気なもんです。

地面の上も温度が上がってフキノトウが開きかかっています。

猿はフキノトウの花の部分だけを食べ周りの葉っぱは捨ててしまうんです。

そんなもったいない食べ方をするのでアブラ炒めを教えてあげようと思ってます。

 

 

« 前ページへ次ページへ »

HTML convert time: 0.153 sec. Powered by WordPress ME