2017/8/7 月曜日

立秋

Filed under: 未分類 — 土倉製材所 @ 6:32:44

8月7日   高くもり

立秋です。

「秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる」と昔の人が詠んだように目に見えない秋の気が立ち始めるころなのであります。

斯く言うわたくしも本日風の音にぞ驚かれぬったんです、そうしたら台風が接近している所為、古人の感性を受け継ぐ体質にはほど遠いようです。

さて、わたくし生まれてから今日まで立秋を経験すること60数回、毎回同じような気候を維持してくれる地球星に感謝です。

ただかほどまでに立秋を意識するようになったのは最近のこと、老境に入った証であろうとこの頃思うのであります。

わたくしだって春もあれば熱い熱い夏も体験しました。

その頃は立秋など全く意識の外、人生には春と夏しかないものと思っておりました。

それが50を過ぎ還暦を超え人生に飽きを感じるようになって秋が身近になったということなんでしょう。

そして今 飽きから冬へと向かう誠に過ごし易い老年期に入っております。

p8050537.JPG

ヤマボウシも秋を告げ始めています。

2017/8/6 日曜日

夕立

Filed under: 未分類 — 土倉製材所 @ 13:02:37

8月6日  はれ  夕刻雷雨

日中蒸す蒸すと思ったら夕方5時前雨足が見えるような雷雨がやってきました。

写真は18号線七曲りから見た飯綱町です。緑の田んぼにカーテンを引いたように降っているのが解るでしょうか?

この後数分後に七曲りも土砂降りになって国道も川のようになって流れていました。

27度あった気温が22度、夕立は気温も一気に下げ涼しくしてくれます。

p8060594.JPG

この雨の中長野市まで買い物に行きました。 市内はすでに夕立は通り過ぎ空に大きな虹がかかっていましたよ。

p8060598.JPG

「夕立の 祈らぬ里に かかるなり」 一茶
「夕立の とって返すや ひいき村」 一茶
「夕立の 押し流したる 畠かな」  一茶

などなど夕立を季語に持つ一茶の句は130句以上。

「図にのって 夕立くるや きょうもまた」と夕立の習慣性を詠んだ句もあって夕立癖は昔からあったようです。

 

2017/8/5 土曜日

磯のさざえか フグ田のさざえ

Filed under: 未分類 — 土倉製材所 @ 12:01:16

8月5日  晴れ 

いい天気の土曜日です、海に行くんでしょうか国道18号線はいつもより乗用車が多め、越後へ越後へと走っていきます。

〽 はあ〜 佐渡へ〜佐渡へと草木もなびくよ 佐渡は居よいか 住みよいか 〽で始まる佐渡おけさ節、次から次から歌詞が変わって70番まであるんですよ。

わたしの好きな歌詞は 〽 ハア〜 雪の新潟 吹雪にくれてよ 佐渡は寝たかよ 灯も見えぬ 〽なんです。

昔々、会社での一杯会で興が乗るとズーっと歌い続けるおじさんがいて私たちは手拍子と合いの手の「アリャサっと」を入れていましたっけ。

という昔ばなしは置いておきまして、日本海に遊びに行った人から磯で獲ったサザエをいただきました。

〽 ハア〜 沖の漁火 いか釣り船よ 浜じゃさざえが網の上 〽

p8070599.JPG

サザエのつぼ焼きで夕方から一杯いただきましょう。

2017/8/4 金曜日

水道水対井戸水

Filed under: 未分類 — 土倉製材所 @ 13:05:34

8月4日  はれ

最高気温33度まであがりました、  暑かったです。

さて、こう暑くなると水浴びをしたくなりますね。

シャワーノズルを取り付け 水道の栓を全開にしてて頭から浴びれば涼しくなりますよ。

ところで皆様の村の水道料金はいかほどでしょうか?

ここの水道料は13mm用のメーターで10m3まで1250円、超過したものについて1m3あたり160円加算としてあります。

お隣の信濃町では同じメーターで8m3まで1000円、超過分1m3あたり150円とありますから大差なさそうです。

m3単価を言われてもピンときませんから家庭用浴槽で換算すれば250リットルの風呂を満水にして40円。毎日使っても月に1200円、大した事ありませんね。

では地下水を電気ポンプでくみ上げたらどうなるでしょう。

ポンプメーカー「工進」の水中ポンプのカタログによれば95リットル/毎分で電気量は8円/Hとなっています。

ただこれは揚程0mの場合、揚程6mと仮定すると性能表で45リットル/分とでています。 このポンプを使えば250リットル満水に5分少々かかりそうです。

それでも初期投資を考えなければ250リットル浴槽を満水にする電気料金は1円未満。なんと水道料金の40分の1。

井戸水か川の水をくみ上げたほうが断然安いことがわかりました。

前々から井戸水と水道水の比較をしてみたかったんです、計算上ではありますが井戸水がこんなに安いとは。

涼しさを求めて水遊びや打ち水は 川の水や井戸水をポンプでくみ上げて使うのが良さそうです。

p8030523.JPG

2017/8/3 木曜日

桔梗・・・帰郷

Filed under: 未分類 — 土倉製材所 @ 6:06:16

8月3日   はれ

桔梗が花盛りです。
 
秋の七草にも数えられている桔梗は七草のなかでも一番最初に花を咲かせるんじゃないでしょうか?

子供のころ墓参りに持っていくため野原に採りに行きましたっけ。

盆花採取に野原に足を踏み入れてマムシに咬まれたなんてこともあって 桔梗が咲くとお盆を思い出すんです。

そんなわけで野山の草深いところに足を踏み入れるときは長くつが必需品ですよ、間違ってもズックに半ズボンなんてやめてください。

今年は蜂の営巣も活発です。黄色スズメバチ程度ならいいんですがオオスズメバチも多そうですから要注意。

夏休みに野山を探索するときは、オオスズメバチに気を付けましょう。

オオスズメは木の根っこに空いた空洞や地面下に作ることが多く近くを歩いただけで襲ってきます・・・恐いですよ。

夏休みやお盆で帰省したときヘビとハチに歓迎されないようにしましょう。

p8030526.JPG

2017/8/2 水曜日

暑くもなく寒くもなく

Filed under: 未分類 — 土倉製材所 @ 9:09:07

8月2日  くもり・・はれ、、くもり

一昨夜の9時半、大雨警報が携帯電話で伝えられてきました。

次の日出社した皆さんに「雨降った?」って聞いたら首を横に振って「ううん」。で、今朝の新聞に飯綱町だけの誤報だったと載っていました。

夜9時半といえばわたくしにとって深夜と同じ、眠っていたところを起こして何なんだよ。

でも誤報で良かった、災害が発生するほどの大雨になっていれば こんな事してられないぞって思うことにしました。

さて、雨が降ったり曇ったりでなかなかいい天気にならない長野県北部、いつもの高原野菜農場のおじさん、「ことしは雨が多くてもろこしの花粉が飛ぶとき雨にあたってしっかりした実がつかない 歯抜けもろこし」なんだそうな。

じゃがいもも雨が多くて掘り起こせないし何かといつもの夏とちょっと違う気候。

「お天道様相手の大博打」、吉と出るか凶と出るかこれからのお天道様の機嫌次第というところです。

p8030531.JPG

多雨で実割れしたメロン

p8030530.JPG

霊仙寺湖の傍にある別荘の庭でブルーベリーが色づき始めています。 

2017/8/1 火曜日

八朔

Filed under: 未分類 — 土倉製材所 @ 5:39:30

8月朔日  あめとくもり

八月 葉月に入りました、英語で言うとAUGUST。

なにゆえの葉月かというと落ち葉月が葉月になったといいますからまだちょっと早い、旧暦でみれば今日は6月10日???あれ!50日もずれている???

そうだった、今年は閏月のある年、5月が2回あったんです。

閏月は大まかに3年に一回やってきます。

今年は5月が2回ですからゴールデンウイークが2回あったんですよ。 

12月が2度あればボーナスも2回もらえるという楽しみもあって旧暦に戻りたい。

とは言っても1年が13か月あるんですから混乱しなかったんですかね。 

ということで混乱を避けるため去年の暦でみれば 8月1日は旧暦6月29日、旧暦の8月1日は新暦の9月1日となって落ち葉の始まる落ち葉月に納得するというもんです。

他にも「秋風月」「雁来月」「月見月」「木染月」などなど昔の自然を観る達人は様々な名をつけて楽しんでいたようです。

8月葉月が始まったばかり、八の字は末広がりで縁起がよろしいと昔の人は申しました。

何かいいことが起こる月かもしれませんが、田舎暮らしはハチに気を付けましょう!の月になります。

2017/7/31 月曜日

月末のはらい

Filed under: 未分類 — 土倉製材所 @ 12:05:11

7月31日  くもり

7月も最後となりました。

梅雨明けしたと伝えられてから数日は暑い日が続きましたが 月末は曇りや雨が多く!夏を満喫!とはいかない愚図ついた空模様が続いております。

さて、きょうは毎月末の恒例行事「支払い」の日。

「支払い」であって「お祓い」じゃございませんが語源は同じ「けがれ」を祓うからきているといいます。

ということは、代金を受け取った方が払った方の災厄を引き受けるというあんまりうれしくない行為。

わたくしに請求書を出される皆様はそのことをよーく理解したうえで投函するように。値引きは災厄を逃れる良い方法ですからそれについても一考を。

大金持ちのビルゲイツさんなど世界中の災厄が纏わりついているんだそうですよ。

と言う話は横に置いて、

振込用紙を書いて銀行に出向くと中々の混雑ぶり、待ち時間に知り合いの人との雑談に出てきたのがインターネットバンキング。

自宅に居ながらにして支払いのできる便利な機械。 数年前勧められたんですが信用できなくてそのままにしてあったんです。

このサービスを使えば銀行の営業時間に関係なく夜11時まで振り込み作業ができ 銀行に出向く時間も待ち時間もなくなり しかも振込手数料が安い。

さて、そうなると現金の引き出しも自宅に居ながらにしてできなくては片手落ち。 暗証番号を入力すればFAXから印刷された紙幣が出てくれば完璧なんですがね。

p7310516.JPG

夏野菜のゆうがおです。

2017/7/30 日曜日

7月最後の日曜日

Filed under: 未分類 — 土倉製材所 @ 5:33:35

7月30日  日曜日  くもり

七日に一辺の休日、日曜日です。

「六日間は仕事をしてもよい。しかし、七日目は主の聖なる全き休みの安息日。」とキリスト様が休んでよい日を決めてくれました。

おかげさまで異教徒のわたくしまで こうして日曜日は家でごろ寝をしていられます。

ところが本物のキリスト教徒の方はごろ寝などとんでもないと日曜礼拝に出かけて行って神の教えを復習するんだそうです。

わたくしの場合、ただごろ寝を楽しんでいるのではありません、動くのを止めエネルギー消費を最小にして地球を汚さないよう考えての事。

一次か二次か忘れましたが中東情勢が不穏になり石油輸入が止まったオイルショックの時、日曜日はガソリンスタンドが全部休んで車で外出できなかった時期がありました。

静かでしたよ、あれが本当の安息日だったのかもしれません。

日曜日は世界中がごろ寝をすれば低炭素社会の実現も難しいことじゃなくなりそうです。 

日本の七日に一度の休日は明治期に入ってから徐々に浸透したようですが それ以前江戸期の狂歌「世のなかに 寝るほど楽は なかりけり 浮世のばかは 起きてはたらく」なんてのや

「寝るは楽 起きて地獄の夢をみる 寝続けにする これぞ極楽」なんてのもあって江戸時代から省エネを先取りしていた人がいたようです。

そんな訳で今日一日ごろ寝を決め込みましたが体の構造上なんでしょうか寝腰が痛くなって、寝ても地獄の日曜日でありました。

p7310515.JPG

夏の虫が這いまわるようになりました。

2017/7/29 土曜日

寒い夏になりそう

Filed under: 未分類 — 土倉製材所 @ 8:07:22

7月29日  明け方大雨、その後くもり

日本上空の空模様、何が気に入らないのか中々晴れてくれませんね。 

早く晴れないと一年で一番暑い夏土用が終わり立秋が来てしまいます。

外仕事の皆さんも気の毒、現場に出かけて一時間ほどでびっしょりになって戻って来ちゃいました。

こうなると作物が心配なんですが今のところ大過なく育ちは順調と友人は言ってましたから食糧は大丈夫でしょう。

今年は昆虫にも異変が起きているんでしょうか、セミの鳴き声も少なく毎年夜飛んでくるカブトムシやクワガタがこの夏は一匹だけ、去年は毎晩飛んできていたのに。

夏はやっぱり暑くなくちゃ! 生ビールがうまい!って言うような気温になってほしいものです。

とは言っても 友人数人と飲んだんですがほとんど焼酎党、ビールや酒を飲む人が減りましたね。

中年以上の方のビール腹が減っているのも事実、それだけ健康に気を使っているってことなんでしょうか。 

わたくしなど熱燗かビールが定番、おかげさまでウエスト96cmの立派なビール腹に成長させることに成功しました。

友人から「おまえ、腹が出てきているな、気をつけろよ」だって。

周りを見回せば腹の出ている奴は一人もいません。  

金のない奴ばかりが集まったようです。

« 前のページ次のページ »

HTML convert time: 0.453 sec. Powered by WordPress ME