2012年4月10日

雪害

Filed under: 未分類 — 土倉製材所 @ 5:13 AM

大雪の被害が次第に明らかになってきました。山に入れば木が倒れたり枝が折れたりと、森林の被害も相当なものがありそうです。里では軒先が折れた家や、無人家屋の倒壊など雪解けとともに知れるようになってきました。積雪も私の住んでいる所ではそんなに多くなかった(昭和56年、59年のほうが多かった)のですが、隣の信濃町、妙高市、などは記録的な大雪だったそうです。そういう意味ではゲリラ的豪雪といえるかもしれません。私の関係する建物では屋根の頂上に残った大きな雪の塊りが転げ落ちてきて下屋をつぶしたり垂木を折ったりした家がありました。普通建物を設計するとき静力学で計算しますが、今回のような場合は衝撃などを加味した動力学が必要になりそうです。

雪で倒壊した古民家

dscn0304.jpg

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

You must be logged in to post a comment.

HTML convert time: 0.091 sec. Powered by WordPress ME