2015年3月16日

太陽は万民を照らす

Filed under: 未分類 — 土倉製材所 @ 9:38 AM

原子力発電所が事故を起こしてから 自然の力を利用した発電がいろいろ考えられておりますが 中でも一番目にするのが太陽光発電ではないでしょうか。 特に このところ人里離れた山中にもパネルが並んでいて こんなところでも発電できるんだ!と驚くこともあります。

今日通った 山道にも発電所がありました。 ここは冬期間は雪で通れない道。 その道路脇に設置された太陽光設備が雪の重さに耐えきれず下の写真のような状態になっていました。

こんな状態になっても発電しているんでしょうかね? もし電気が通っていたら怖いですよ、発火や感電の心配がありますから。    やはり冬期間でも管理のできる場所に設置したほうがいいんでしょうね。 これでは獲った狸の皮算用ならず骨折り損のくたびれ儲けになっちゃいます。

img_3607.JPG

HTML convert time: 0.084 sec. Powered by WordPress ME