2013年8月30日

ウソッペ物語

Filed under: 未分類 — 土倉製材所 @ 1:44 PM

暑い暑い夏、アリは一生懸命働いて食べ物を集め冬に備えています。一方キリギリスはギター片手に歌を唄って遊び暮らしていました。

やがて寒い冬がやってきました。 アリは蓄えた食料を巣の中で食べながら春を待っています。

トントン トントン 表を叩く音がします。 「はい!どちらさまですか?」

「キリギリスです。何か食べ物を分けてくれませんか、 おなかが空いて死にそうです」。

「夏、遊んでいた罰です、食べ物をあげることはできません」 とアリはつれない返事。

食べ物をもらえなかったキリギリスは死んでしまいました・・・・・ というのが正調イソップ物語。

これではキリギリスが可哀そうと、「食べ物をあげて仲良く暮らしましたとさ」 なんて書き換えてある本もあるほど。

ところが現実はもっともっと非情なもんで、アリはキリギリスを食料としてみているのが現実。

・・・・・ドアを叩いたキリギリスは、アリさんから「食べ物をあげますから内に入って!」とやさしく言われました。

中に入ったキリギリスは、いつのまにかアリさんに食べられてしまいましたとさ! アリさんは本当は悪い奴だったのです。

アリとキリギリスのツーショット。 「おなかが空いて動けないのかい?」

img_1503.JPG

「夏、遊んでいた罰に食べてあげましょう。  なんだまだ生きてやがる!」

img_1502.JPG

HTML convert time: 0.103 sec. Powered by WordPress ME